ブログ

2024-03-25

富女子会の皆さん、こんにちは!!

 

5/11日 土曜日に京都の大垣書店さんで、「本屋うろうろ」という題目のセミナーをします。

 

このセミナーは セミナー終了後 私と大垣書店さんの中をうろうろして、オススメの本を紹介していくという企画です。

この企画は、今回の「1000万を貯めた女子100人がやったこと、やめたことリスト」の出版プロデューサーの山本さんの企画です。

山本さんは、日本一の個人投資家の故竹田和平さんの一番弟子の方で、富女子会を支援頂いてる方です。

 

詳細はこちらです

【5/11(土)開催】第5回 本屋うろうろ:永田雄三さん『テーマ:女性とお金』編開催のお知らせ – 大垣書店 (books-ogaki.co.jp)

 

大阪富女子会のメンバーは是非ご参加ください!!

2024-03-06

富女子会の皆さん こんにちは!!

 

3/23日に大阪富女子会・4/20.21日に山口富女子会でセッションを開催します。

今回のセッションのテーマは、「円安・株高時代の資産形成術」です。

 

 

それに伴い「新NISA」と「IDECO」についても解説します。

 

将来、豊かに生きていくには、プランが必要です。

今回のセッションを機にプランを企てましょう!!

 

3/23日 大阪富女子会セッション ・ 4/20日.21日 山口富女子会セッション

↓ (参加申込- 参加される方は下記 問い合わせに日付と参加予定のセッションをご記入下さい)

お問い合わせ|富女子会 (y-academy.co.jp)

 

 

 

2024-02-28

富女子会の皆さん、こんにちは!!

 

前回のブログで新NISAの事について書きましたが、今回はIDECOについて書きたいと思います。

 

ずっと不思議に思っている事ですが、NISAについては宣伝広告をよく見かけますが、IDECOについては、殆んど宣伝を目にすることはありません。

 

IDECOの特徴は、

①掛金は全額所得控除(新NISAは掛金の税額控除はありません。)

②運用益は非課税(新NISAと同じ)

③受取時は「一時金」の場合は退職所得控除を受けれます。または「年金」として受け取った場合は公的年金控除が受けれます。

④60歳まで原則解約不可 60歳まで解約できないというのは、一見デメリットに見えますが、投資の本質は長期投資なので、マーケットに左右される事なく、資産形成が出来るのでむしろプラスです。

 

会社員の場合、掛金が全額所得控除になるのは、ものスゴイ魅力です。例えば年収500万円の人がIDECOに加入すると、税率が約30%(所得税・住民税)とすると、3割引きで投資商品が購入できるのです。

このことは経済評論家の森永卓郎氏も指摘しています。

 

【森永卓郎の本音】なぜイデコを勧めない(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

今「新NISA」が話題になっていますが、会社員であればまず「IDECO」から始めるべきです。

まだまだ「新NISA」と「IDECO」については、書き足りないので、3/16日のセッションのセミナーで詳しく解説します。興味のある方は、ご参加ください。

↓(参加申込)

《東京・オンライン》3/16(土)ベーシックカリキュラム② ※メンバー様のみ|富女子会 (y-academy.co.jp)

 

 

 

2024-02-20

富女子会のみなさん こんにちは!!

 

今回は、最近よく聞かれる「新NISA」の事について書きたいと思います。

 

今年から、従来の「積立NISA」が「積立投資枠」、「一般NISA」が「成長投資枠」と名称を変更しました。それに伴い投資額の上限UP、非課税期間の延長など、制度が変更されました。

政府・マスコミが「新NISA」を大々的に取り上げているので、20代・30代を中心に加入者も増大しています。

 

この傾向に関して、私は、投資に関心を持つ事は良いと思いますが、本当に制度を理解して、加入しているかは、疑問に思います。

 

よく言われている事ですが、NISAは利益が出た場合、本来20%の税金がかかる所が、非課税になるというメリットがあります。しかしながら、損した場合の損益通算が出来ません。

NISAは基本的に国内外の株式・債権に投資しますが、この先上がるか、下がるかはわかりません。

しかしながら、NISAの解説の多くは、利益が出る事を前提に説明している事が多いです。

 

投資は利益が出ている時より、損している時の対応が大切です。

 

また現在、株式市場は好調で、バブル後最高値を更新しようとしています。

新NISAを今から始めるには、時期が悪いと思っています。

長期投資の専門家の澤上氏も、新NISA今は始めるべきでないと自著で語っています。

 

私は、個人的には、NISAよりIDECO派です。

その理由を次回のブログでお答えします。

 


トップへ戻る